株式会社インフォコム西日本 会社案内
4/8

system engineerprogrammer2012年入社伊上 綾香(福岡事業所)ヘルスケア事業/医療情報システム部プログラマ 医療現場における病歴管理システムの開発と保守に取り組むチームで、プログラマとして業務に当たっています。導入担当者から作業依頼を受け、その内容を確認し、どのように実現をするのかを導入担当者やプロジェクトリーダーと検討した上で、スケジュールに沿って開発作業に取り組みます。病院の診療情報管理士からのご要望等に沿うように、相手がどういうものを求めているのか、自分の認識で合っているのかを、常に問いかけながら作業することを大切にしています。 導入担当者に同行し、病院へ訪問することもあり、手がけたシステムが目の前で稼働する様子を見ると、うれしさと手応えを感じます。これからも開発に取り組みながら、導入担当者が求めていること、ひいてはシステムを利用する方々のニーズも理解し、その仲立ちができる力をつけていきたいと考えています。 チームは3人で、他の2人は男性で年齢も離れていますが、疑問を感じることは放置せずに、フラットに話し合える雰囲気があり、風通しの良さを感じます。医療情報システム部にはさまざまなチームがあり、チームごとに担当しているシステムや業務が異なります。しかし、開発という広い意味では、「うちのチームはこうやっているけど、そっちはどう?」など、相互に教えたり、参考にしたりしています。また、月に1回の実績会議という、各チームの案件状況や進捗を発表する場では各チームが担当しているシステムや業務の理解を深める機会になっています。 私の担当業務の場合、2週間ごとに納期があって、短い期間の中で要件の確認から開発・テストまでの工程を完了させるため、時間管理が重要になります。学生の皆さんには、学生時代から時間管理の方法を身につけておくと、開発作業の現場にスムーズに臨むことができるので、お薦めしたいです。2016年入社川崎 輝樹(松山事業所)社員インタビューDaily Schedule 13:00業務再開15:30業務の進捗確認ミーティング、16:30進捗確認ミーティングお客様と12:00昼食休憩18:00業務終了9:40担当業務9:20朝会、その日の業務を確認9:00出社、メールチェックInterviewDaily Schedule 12:00昼食休憩13:00チームメンバーのフォロー業務再開17:30(定時)18:00業務終了次の日の作業確認等10:15プログラミング10:00スケジュール・進捗確認朝会9:15業務開始9:00出社、メールチェック ERPパッケージ製品の問い合わせ・改善要望・機能向上の対応や開発を行っています。松山事業所では、ユーザビリティの改善や法改正の対応がメインで、製品本体に関する問い合わせについて調査を行ったり、改善したプログラムのチェックをしたりしています。 業務中は、相手の言っていることとこちらの認識が合っているかどうかの確認を重要視しています。齟齬が生じると作業が無駄になり手戻りが発生してしまいますし、口頭だけで伝えるとどうしても忘れてしまうことがあります。メールやチャットを使って文字にして残すことも大切で、そのやり取りでも、主語等を省かずに丁寧に伝えることも気を付けています。 数カ月続く大きなプロジェクトに参画することもあり、それが終わった時の達成感はやりがいの一つです。エンドユーザーのお客様と直接やり取りする機会はありませんが、きちんと製品をお届けでき、無事に終わったという安心感がやりがいになっています。 私の部署は学生時代にプログラミングを経験しなかったという人も配属されていますが、問題なく業務を行っています。私は業務を遂行するためには一概にプログラミングの知識だけが必要なものではなく、コミュニケーション力や文章を作成する能力などが重要で、それが仕事の達成につながっていると思います。もちろん業務を行っていく上で最低限のプログラミングの知識は必要ですが、入社前に身につける必要はなく入社後に学んでいくのでもいいと思います。入社後に一緒に頑張って勉強していきましょう。サービスビジネス事業/ソリューション事業部システムエンジニア

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る